屋根(葺き替え・雨漏り修理)のことなら長崎瓦お悩み相談所へ
屋根(葺き替え・雨漏り修理)のことなら長崎瓦お悩み相談所へ
トップ>屋根に関する豆知識
タイトル画像
屋根に関する豆知識
「屋根に関するリフォーム」と一言で言っても、実際には住んでいる方でさえ
詳しい内容は判らないというケースがほとんどです。
このページでは屋根のリフォームの際に知っておくと役に立つ情報をご紹介します。
【1】屋根の種類にはどんなものがあるの?
日本の屋根材は一般的な瓦系屋根材のほか、ストレート系屋根材、金属系屋根材と3種類に分けられます。
・瓦系屋根材=瓦(和瓦、洋瓦)、セメント瓦、モニエル瓦
・ストレート系屋根材=カラーベスト、コロニアル
・金属系屋根材=ガルバリウム鋼板屋根材、トタン屋根材(亜鉛メッキ処理を施してある鋼板)
【2】素材に合わせた時期に適切なリフォームを
最近では耐久性の高い屋根材も増えていますが、長い年月を太陽からの光や風雨にさらされていれば
当然痛んできます。ご自宅を最適な状態に保とうとするのであれば、屋根の定期的な点検やメンテナンスは
必須とも言えるのです。
当店では屋根の無料診断も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

[メンテナンスが必要な時期]
・瓦系屋根材=1.瓦・・・漆喰、締め直しといった適切なメンテナンスを定期的に行っていれば、
何十年も持つ耐久性が強み。その分維持費がかかるのが難点。
2.セメント瓦/モニエル瓦=長期間使用していると塗料が劣化するため、15年〜20年に1度は塗装が
必要となる。
・ストレート系屋根材・・・7〜10年に一度、防水塗装が必要。使用から20年以上経つと野地板そのものが
傷んでくるため、葺き替えが必要となる
・金属系屋根材=1.石粒付ガルバリウム金属屋根/ガルバリウム金属屋根、設置時の施工方法ミスや
海岸近くで常に潮風にさらされているなど外的要因さえなければメンテナンスフリー。
2.トタン屋根・・・昔からある定番の屋根材だが、7〜10年で塗り替えor葺き替えが必要。最近ではあまり
使われる機会が少ない。
【3】「ルーフィング」とは?
屋根を雨水や湿気などから守る防水シートの事を指す。屋根材の下などから雨水が浸水してくるのを防いでくれる。
【4】「野地板」とは?
垂木の上に張る屋根の下地板のこと。この野地板に上記のルーフィングを敷き、さらに屋根材を
葺いて葺き替えを行います。
【5】チョーキング
太陽からの紫外線や風雨に長期間さらされた影響により、屋根・外壁部分の塗膜が劣化し、粉のような
状態になったことを指す。
長崎市・時津町・長与町を中心に
屋根・瓦、コロニアルの葺き替えや、屋根リフォーム、雨漏り修理などの
お仕事をさせていただいております。
お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。
トップ
プライバシーポリシー
サイトマップ
お気軽にお問合せください TEL0120-378617 受付/平日8:00〜18:00

■概要

株式会社コンセントレーション
〒851-2103
長崎県西彼杵郡時津町元村郷910-2
TEL 0120-378617
定休日 日・祝日

詳細はこちら>>

■業務内容
屋根工事、瓦葺き替え、屋根修理、修繕、屋根リフォーム、雨漏り工事

■対応地域
長崎県
長崎市・時津町・長与町


■屋根の無料診断サービス
「我が家、ウチの屋根やトイは大丈夫かしら?」「屋根の点検ってどこに頼めばいいの?」とお悩みの方は一度「長崎屋根瓦お悩み相談所」にご連絡下さい! 無料にて屋根の状態を診断にお伺いします。
屋根も長年放置していると屋根瓦などの傷みから劣化が進み、後々大規模な改修工事が必要になることも
あります。
この道数十年の屋根職人が、
お客様に安心して頂けるよう的確に
アドバイスをさせていただきますので、当社まで、お気軽にご相談下さい。
長崎屋根瓦お悩み相談所/株式会社コンセントレーションは屋根・瓦、コロニアルの葺き替え(屋根リフォーム)や、雨漏り修理など
承っております。 屋根の役目は大変重要です。長崎県長崎市・時津町・長与町を中心にお仕事をさせていただいております。
お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。 フリーダイヤル0120-378617

会社案内プライバシーポリシーご利用案内お問い合わせよくある質問お客様の声地震対策正しい業者の選び方屋根に冠する豆知識屋根関連用語集相互リンクサイトマップ
Copyright(C)2010 長崎屋根瓦お悩み相談所