長崎市でS様の屋根葺き替えリフォーム(コロニアル)

長崎で屋根リフォームはお任せください!
長崎屋根瓦お悩み相談所の松下です。

本日は長崎市で施工させて頂きました「コロニアル屋根の葺き替えリフォーム」をご紹介させて頂きます。

まず葺き替えとは何かといいますと、現在の屋根を撤去し塗装や修理ではなく完全に新しい屋根に変えることを「屋根の葺き替え」と申します。

今回のお施主様からのご依頼内容としまして
・雨漏りの兆候がある

・既存のスレート屋根は雨の日の音がすごい

・台風時の強風で飛んでいかないか心配

以上のお悩みを抱えておられました。

上記のご相談を受けまして、綿密なお打合せを行わせて頂き長年に渡り住み続けるという事を考慮し将来性のあるコロニアル屋根に葺き替える事をご提案させて頂きました。

施工前

早速ではございますが施工前をご確認頂きます。

こちらが施工前になります。

昔ながらの小波スレートと言われる物になります。

経年劣化が進みコケがひどく、釘も錆びており雨漏りの心配もございます。

今回はこの屋根を新しく葺き替えていきたいと思います。

施工中

すみません。

実は私のミスで途中の写真が撮れておりませんでした。

申し訳ございません。

今回の施工の流れとしましては
1、既存屋根の撤去(釘を抜きながら剥いでいきます。

2、垂木交換(杉の木材を使用致します。)

3、下地板の張替え(針葉樹合板という広めの板を垂木に貼ります。)

4、ルーフィングの施工(雨漏り防止のシートになります。)

5、破風板施工(三角の所の板になります。)

6、屋根施工(今回はコロニアルを使用致します。)
以上の施工の流れになります。

施工は雨が降らない日を確認した上で施工を行います。

また室内にゴミやほこりが侵入しないようにするための養生・保護は必須になります。

施工後

長崎屋根葺き替え""

屋根リフォーム""

無事に施工が完了致しました。

今回使用致しました材料は「ケイミュー コロニアルクァッドになります。

今回の屋根の色は「パールグレイ」という黒より少し薄い灰色の屋根をお選び頂きました。

コロニアルという言葉はあまり聞いたことがないかもしれません。

別名、平型屋根スレートとも申します。

現代の住宅業界において普及している材料になります。

1枚1枚釘留めしており厚みが5.2mmと薄いため強風にも強く、メンテナンスも約10年間隔の塗装で済みますのでコストパフォーマンス絶大の材料になります。

ただ何か物が飛んできて当たった際の割れなどはシーリング材や張替え等の修繕が必要になります。

しかし長年にわたり安心して使用して頂けるということは近年の普及の仕方から見ても間違いありません!

予算も安く抑えて、かつ耐久性もあり見た目も良い材料はコロニアルですね。

色もグリーンや赤等、鮮やかな色もございますのでご自宅の雰囲気替えにもピッタリかと思われます。

お施主様にも非常にお喜び頂き、「雨漏りの心配なく台風の時でも怯える必要が無くなった」とおっしゃって頂きました。

嬉しいお言葉を頂き私も非常に嬉しく思います。

今回の工事期間は約3.5日の工程になります。

天候にも恵まれましたので順調に進める事が出来ました。

また今後とも宜しくお願い致します。

では本日はこのあたりで失礼致します。



【新型コロナウイルス対策について】
長崎屋根瓦お悩み相談所では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎屋根瓦お悩み相談所では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ