長崎市でY様の瓦屋根の雨漏り修理施工例

長崎で屋根リフォームはお任せください!
長崎屋根瓦お悩み相談所の松下です。

本日は長崎市で施工させて頂きました「屋根の雨漏り修理リフォーム」をご紹介させて頂きます。

今回のお施主様のお悩みとしまして

・瓦の割れによる雨漏りが気になる

・台風時の強風による瓦のズレがある
以上のお悩みでのご依頼でした。

そこで一度、現地を確認させて頂いた上で瓦の状態を確認し、「漆喰」を使用した材料での瓦の修理工事をご提案させて頂きました。

施工前

施工前の状況になります。

確かに瓦の経年劣化による割れや亀裂も多く、また一度コーキングによる修理をした箇所も多数見受けられましたが、そのコーキングも劣化し亀裂が入り全く意味をなしていない状況でした。

そこで、今回の施工はコーキングを使用したものではなく漆喰を使用した材料での屋根の修理を行います。

この材料と言いますのが専用の硬化剤や・防水材が混ぜられており、本当の漆喰より強く、長年での使用にも安心して使用して頂けます。

本当にすみません。

施工中の写真を撮り忘れてしまいまして次に施工後の写真になります。

施工後

長崎

長崎

施工後の状況になります。

写真の黒く塗っている物が今回使用させて頂いた漆喰材料になります。

この材料を左官職人と共にコテとコテ板を使用し、形を綺麗に作りながら塗っていきます。

このように塗ることで瓦の今以上のズレ防止の役目を持たせ更に雨水の侵入を防ぎ雨漏り防止の効果も期待できます。

また亀裂の箇所は上から重ねて塗ることで雨水の侵入を防ぐ事が可能です。

この材料は硬化するとカチカチに硬化し防水材が役割を発揮するため、雨に強く耐久性に優れております。

お施主様にも、一安心して頂きました。

ただ雨漏りは原因の追究が非常に難しく今後とも様子の確認を含めて、お伺いさせて頂き確認することが非常に重要となります。

また今後とも宜しくお願い致します。

では本日はこのあたりで失礼致します。



【新型コロナウイルス対策について】
長崎屋根瓦お悩み相談所では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎屋根瓦お悩み相談所では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ