長崎市でM様の和風屋根の葺き替えリフォーム

長崎で屋根リフォームはお任せください!
長崎屋根瓦お悩み相談所の松下です。

本日は長崎市で施工させて頂きました「和風屋根の葺き替えリフォーム」をご紹介させて頂きます。

最近の屋根はコロニアルやガルバ鋼板(板金)などのスタイリッシュで台風被害にも強い屋根が多いですが今回の屋根リフォームは風格が違う和風屋根の葺き替えリフォーム工事になります。

施工前

日本古来の在来工法にて建てられた和風の住宅になるのですが、とても立派でやはり和風の家は風格が違い重厚な雰囲気が漂っております。

今回の屋根リフォームに際して屋根の形状としては「入母屋作り」になります。

和風屋根では多い形の屋根で、この形状こそが重厚な風格を作り出してくれます。

今回の屋根リフォームのきっかけとしては以前の台風被害に合われたことにより全体的に瓦がずれておりそこから雨漏りしておりました。

そこで今回の屋根リフォームにて既存の瓦を剥ぎ取り雨の侵入を防ぐルーフィングを施工し直し新しい屋根瓦へと葺き替えていきます。

施工中

既存の瓦を剥ぎ取り瓦を載せるための下地板を張って雨の侵入を防ぐ専用シート(ルーフィング)を張っております。

ルーフィング張り作業が完了した後に、新しい瓦を固定し留めるための「瓦ざん」という専用の木材を専用の釘を使用して固定していきます。

この瓦ざんに新しい瓦を引っ掛けていきます。

長崎屋根葺き替え""

新しい瓦の施工中になります。

瓦ざんに新しい瓦の位置を決めるための墨出しを行い綺麗に割付けを行ってから瓦を留めていきます。

施工後
長崎屋根リフォーム""

長崎屋根修理""

無事に施工が完了しました。

棟瓦も綺麗に積み直し、新しい瓦が綺麗に輝いており、より一層、重厚感漂う風格ある和風屋根になりました。

この和風瓦のいぶし銀の色が風格を醸し出してくれています。

建物全体の重厚感が増しています。

お施主様にも大変お喜び頂き「これで雨漏りの心配もなく安心して暮らせる」とおっしゃって頂きました。

また今後とも宜しくお願い致します。



【新型コロナウイルス対策について】
長崎屋根瓦お悩み相談所では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎屋根瓦お悩み相談所では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ